豊田真由子自民党2回生議員の絶叫マシン私生活がヤバイ!旦那や子供は?

スポンサードリンク



★天皇陛下もびっくり豊田由美子の信じらない行動

また、自民党の豊田真由子議員

永田町でも評判だったという

今回の罵倒・暴行事件の呼び水ともいえる事件が

過去におきていたのです。

何と恐れ多くも天皇陛下に拝謁する園遊会に

豊田真由子議員は、出席する権利のない母親を同伴し

入場できない旨を告げた係員の人に

母親を「この人は配偶者だから」と

ごり押しして入場したそうです。

国会議員になったら何でもありなんでしょうか?

この事件以来、永田町では、

豊田真由子議員を「ピンクのモンスター」

と呼ぶようになり最凶伝説となったとのことです。

モンスターペアレントならぬ

「ピンクのモンスター」だったのです。

自民党としても、事件が表面化することを

さけたのかもしれませんが、

このような非常識な行動に対しては

毅然とした対応をとるべきだと思います。

やはり、何らかの伏線はあったのですね。

「事実は小説よりも奇なり」ですね。

★週刊誌報道された豊田真由子議員のその後

今回の豊田真由子議員に対する

自民党の動きはとても迅速でした。

加計学園問題に対する

ノラリクラリ対応とはえらい違いです。

週刊誌に報じられて問題が拡大した当日に

豊田議員より自民党離党届

提出され了承されました。

本人から離党届が提出されたことになっていますが、

党本部から離島届を提出するように

指示されたのは明らかです。

まもなく東京都議選が告示されます。

このタイミングで事件が長引けば

自民党にとっては、致命的な痛手となるでしょう。

豊田議員ご本人は、精神が不安定なため

入院しているとのこと。

無理ないことです。

もともと、今回の罵倒暴行の内容を聞いていて

精神的にどこか欠陥があるかと思ったほどですから

躁うつ的な要素がある方かな?

と言う印象がありました。

ゲス不倫以上の不倫をした中川議員は

自民党を離党しただけで居座っていますが、

豊田議員ご本人の為にもここは、

キッパリと議員を辞職して

捲土重来をきすのがいいのではないでしょうか?

いずれにしても再登板はイバラの道ですから。

次々に新しい暴言が公開されて

豊田議員は退院しても

とても、表を歩けないような

現状になってしまいました。

いったい、どう始末をつけるんでしょうか?

★まとめ

週刊新潮に書かれたことがもし事実だとすれば

自民党離党はもちろん、

議員辞職も視野にはいる言動です。

兵庫県の県会議員にインタビューで

号泣した情けない議員がいましたが、

勝るとも劣らぬ豊田由美子議員でした。

もちろん再登板も非情に困難だと言えます。

議員である前に人としての素養に問題があり過ぎですから。

しかし、奇しくも豊田真由子議員の「座右の銘」は、

【艱難汝を玉にす】かんなんなんじをたまにす

言葉の意味は、

「苦労や困難を堪えてこそ立派な人間になれる。」です。

〔西洋の諺ことわざで「逆境は人を賢くする」という意味〕

豊田議員、ご家族にもつらい日々(逆境)と

なるかもしれませんが、

これほど優秀な人材で

二世議員しか政治に携われない

今の日本の政治を変える力を

もっている方だと思いますので、

「感謝と謙虚」を忘れずに

いつの日か復活して欲しいものです。

今回の豊田議員の罵倒暴行事件の記事を書いていて

そして、うわべだけのつくり笑顔を見ていたところに

小林麻央さん死去の報道が飛び込んで

テレビ番組は、ありし日の麻央さんと

記者会見する海老蔵さん一色に包まれていました。

麻央さんのブログに

励まされていた日本中の人たちが、

悲しみに包まれていました。

豊田議員の報道と

小林麻央さんの死去が重なったことは、

私たちに、本当の愛とは何か?

人を愛すること、人として生きる道を改めて

考えてみなさいという導きではないでしょうか!!

小林麻央さんのかわいい子供時代,

性格,タレント,結婚生活,姉麻耶について

詳しい内容こちらからどうぞ

「小林麻央 子供時代」の画像検索結果

最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、

あわせて関連記事も読んで頂けると嬉しいです

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする