大島直也元ドロンズの離婚理由と現在がヤバイ!元嫁・母・元相方は?

6月23日₍金)の爆報フライデー

かつて「進め!電波少年」で企画された

「アメリカ大陸横断旅行の旅」でブレイクした

元ドロンズの人気芸人の

大島直也さん現在、離婚・借金の転落人生!

が放送されます。

さらにお母さんが末期ガンで

大島さんが支えているという事実もありました。

★大島直也元ドロンズのWIKIとブレイク芸人歴

本名 大島 直也
生年月日 1971年6月(現在46歳)
出身 神奈川県横浜市
出身校 神奈川県立金沢総合高等学校
日本映画学校俳優科卒業(7期生)

小学生の時、当時人気絶頂の

ザ・ドリフターズの影響を受けて、

クラスの仲間を集めてコントをやって人気者に。

中学生の時にシティーボーイズ「竹中直人」

の影響を受けて、俳優のお笑いが好きになる。

高校卒業後、役者になる事を目指す。

日本大学芸術学部映画コースを志望していたが、

勉強嫌いのため2浪するも進学を断念する。。

しかし、大島さんには、すごい強運の逸話があります。

成人になるまでに大きな交通事故を

2回もおこしているのですが

不思議に、2回とも奇跡的に

無傷だった言う凄い強運の持ち主でした。

  • 書道教室の帰り、坂の下にある交差点を                      大島さんが猛スピードを出した自転車で突っ切ろうとした時に、           横から来た車と衝突したのだが幸いにも軽傷で済んだ。
  • 普通自動車運転免許取得後まもなく、                       飛び出してきた猫を避けようとして事故を起こす。                 親から借りた車は大破するほどの事故だったが、                  大島さんは、奇跡的にも全くの無傷だったという逸話です。

大島直也と石本武士のドロンズブレイク芸人歴

ドロンズ(1996年 – 2003年)
相方 石本武士

当時は、「猿岩石の二番煎じ」などと批判されていましたが

見事アフリカ横断旅行を成功させると

すっかり人気企画となりブレイクしたのです。

  • 1995年6月、大島直也は正式に石本武士とお笑いコンビ結成。         これを機にお笑い芸人として活動を始める。
  • 『進め!電波少年』で猿岩石の続編のような企画                「アフリカ縦断ヒッチハイクの旅」に出発。
  • 二番煎じと非難されていたが、放送後は本人たちも驚く大ブレイク。
  • 1997年6月26歳の誕生日を、エクアドルで迎える。
  • 同年12月31日ゴール、年明け帰国で凱旋ライブ。
  • さらに同年5月から「ドロンズのドンキホーテ!日本を行く!」に企画変更。
  • 2歳のロバを連れて北海道の宗谷岬を出発し、                ゴールは鹿児島県の佐多岬までとする日本列島を縦断する旅が始まった。
  • 1998年27歳の誕生日は津軽海峡上で迎えた。
  • 9月に鹿児島県最南端の佐多岬で見事ゴールを果たす。
    以降、多くのバラエティ番組に出演。

このブレイクの後大島直也さんは、

まさに、旅の企画のような波乱万丈の人生に突入していくのでした。

  • ブレイクしてから5年後の2003年                        俳優を目指して石本武士とのコンビを解散。
  • 俳優業を目指すもののうまくいかず収入は激減して                 アルバイトで食いつなぐ、デビュー前に逆戻り生活。
  • 俳優業から飲食店開業します。
  • 2006年:東京恵比寿で『ちりとり鍋 大島』を開店
  • 2008年:開店にも協力してくれた元タレントの武田夏葉子と結婚。
  • 2009年:芸能活動での路線を俳優からタレント業に比重を置く。
  • 2010年:長男を授かる。(39歳)
  • 2014年:円満離婚とスポーツ新聞等で発覚。

★大島直也元ドロンズの元嫁との離婚理由

解散したお笑いコンビ「ドロンズ」

大島尚也さんは、3年前の2014年に

元ヨメ夏葉子さんと離婚していました。

  • 大島尚也さんと夏葉子は2005年9月に知りあい
  • 2008年5月に結婚。
  • 2010年12月には長男さんが誕生していました。
  • 武田夏葉子さんて元タレントですが、家系がすごいんです。
  • 初代日銀総裁の吉原重俊の玄孫
  • 三菱財閥創業者の岩崎弥太郎の妹の系統。         何が何やらよくわかりませんが、             とにかく凄い家系であることはよくわかります。
  • 結婚して、子宝にも恵まれたが、14年に円満離婚。

さて、そもそも2人の離婚の理由とは

いったい何だったんでしょうか?

よくあるのが、男性側の浮気ですが、

大島さんの浮気情報はないので

浮氣ではなさそうです。

あくまで管理人の想像ですが、

大島さんが2006年に東京恵比寿で

『ちりとり鍋 大島』を開店した時の

資金2000万円の大半は、

ヨメの武田さん側からでていたようです。

離婚直前まで店は、

順調な経営だったと言われていますが、

本当の内情は、外からわかるものではありません。

開業資金を出し、夫婦で店を切り盛りすれば

24時間一緒にいるわけですから

言いたくないことも言うようになります。

元嫁の武田さんは名家の出身ですから

果たして商売に向いていたのかどうかも疑問です。

離婚原因は、異性関係でなく

商売上あるいは、金銭に関する意見の相違と

言えるのではないでしょうか?

★大島直也元ドロンズの現在、末期ガンの母親介護生活

夫婦で切り盛りしていた店を譲渡して、

大島はさん家族と店を同時に失いました。

現在は、末期ガンを宣告されたお母さんの

介護のためにタレント・俳優業もままならず

アルバイト生活を送っているようです。

芸能界で介護と言えば元タレントの

荒木由美子さんを思いうかびます。

1960年1月生まれで現在56歳です。

歌手の「湯原昌之」さんと

結婚した2週間後にお母さんが入院し、

病気は回復したものの痴呆がすすんで

その後20年も介護が続くとは

荒木さんも思いもしなかったことでしょう。

荒木由美子流「覚悟の介護」十箇条は

こちらからどうぞ

一方、ドロンズの相方ドロンズ石本は、

コンビ解散後、持前のデブキャラを生かして

マルチタレントとして活躍中です。

人生どこでどうなるか

本当にわかりませんね。

★ まとめ

成人になるまでに大きな交通事故を2回もおこしたが

不思議に、2回とも奇跡的に無傷だったという

凄い強運の持ち主:大島直也!!

離婚・介護と現在は、荒波にもまれているが、

きっと波はおさまり、静かな海がやってくる。

ふんばれ!!大島直也

40代は若い。まだ間に合う!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、

あわせて関連記事も読んで頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする