村田諒太[因縁の再戦]で完全決着!世界王者の気になるファイトマネーと年収 




村田諒太の今回の世界戦ファイトマネー

同じ世界チャンピオンでも、ファイトマネーに1000万円〜5000万円と差があるのは、

人気の高さによります。具体的にはテレビ放送したときの視聴率に左右されます。

視聴率が高ければ、スポンサーもたくさんついて放送権料がアップします。

ボクシング興行の収入はテレビの放送権料が中心ですので、

放送権料が高くなれば、ファイトマネーもアップするというわけです。

タイトルマッチの視聴率が高ければ、バラエティ番組やCMへの出演依頼も増え、

さらに年収もアップしていきます。

村田諒太の場合は、ロンドン五輪金メダリストとして

鳴り物入りでデビューして、初の世界タイトルマッチでしたから、

判定で敗れた第1戦でも、ファイトマネーは最高ランクの5000万円、

今回の第2戦は、異常な人気ですから7000万円前後だと推定されます。

また、日本で、プロボクシングの重量級チャンピオンになったのは、

過去に竹原慎二選手だけなのです。

ですから、村田諒太には大きな期待がかかっているので人気も高いのです。

竹原慎二元ボクシング世界ミドル級チャンピオン

前回と今回の世界戦2戦で、1億円オーバーではないかと予測します。

気になる村田諒太の年収は?

では、村田諒太の年収はどうでしょうか?

今日勝利して世界チャンピオンになることが前提ですが、

  • 1年間に2試合としてファイトマネーで約1億円
  • TV出演、CMなどでさらに約1億円
  • 合計年収:2億円以上ではないかと予測します

まとめ

以上が、「村田諒太[因縁の再戦]で完全決着!

世界王者の気になるファイトマネーと年収」の内容です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、

ぜひ関連記事も読んで頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする