森友学園[国有地格安売却で大問題]を訪問した安倍昭恵夫人涙の意味は何?

トランプ大統領のゴルフ外交が成功し、

ますます絶好調だった安倍政権ですが、

「国有地格安売却」で問題の森友学園で足元をすくわれ兼ねません。

「好事魔多し」とはまさにこもことかもしれません。

野党から追及され、連日新しいニュースソースに事欠きません。

当初から問題の発端となっていたのは、

「森友学園」の名誉校長として学校案内に掲載されていた昭恵夫人です。

今日は、2014年4月に森友学園が運営する「塚本幼稚園」を訪問した際に

子どもたちの言葉に思わず涙した新たな映像が公開されました。

塚本幼稚園(森友学園運営)を訪問!昭恵夫人涙の意味は?

約3年前に、塚本幼稚園を訪問した昭恵夫人は、園児達が全員で

「いつも日本国のために活躍されている安倍晋三内閣総理大臣を、

一生懸命支えていらっしゃる昭恵夫人本当にありがとうございます。

ぼくたち・わたしたちも頑張りますので、頑張ってください」と挨拶され

安倍昭恵夫人は「感動しました」と涙を見せたそうです。

その隣には、森友学園の籠池泰典理事長の姿も写っています。

塚本幼稚園では、園児たちに教育勅語を朗読させるといった

偏狭教育とも思えることを行っている幼稚園です。

園児の挨拶も小学生にもならない子どもの言葉と思えません。

まさか、一国の首相夫人がやらせのような挨拶に涙など流すのでしょうか?

大日本帝国ファースト?

管理人は、「戦争を知らない子供たち」の世代ですが、

教育勅語の善悪は別として、日本が多くの犠牲を払った第二次世界大戦に進んだ

思想の元になっていると考えられます。

アメリカ大統領にトランプ氏が就任してから

世界中で「アマリカファースト」が話題になっています。

「背に腹はかえられない」のかもしれませんが、

世界平和には逆行しているように思います。

そして、日本でもここにきて森友学園の問題。

夫人だけの考えでここまで、いち学校に関与しているとは思えません。

当初の国会答弁でもわかるように

安倍首相も「森友学園」には何らか関与していると考えるべきでしょう。

まさかトランプ大統領に右ならえで

「大日本帝国ファースト」ではないと思いますが。

まとめ

国民の財産である国有地を正式なスキームを踏むことなく

近畿財務局が自分の首を絞めるようなことをするはずがありません。

何らかの形で政治家の介入があったことが推測されます。

全容解明を望みます。

マスコミの問題追及ニュースに、激励の 星★★★ です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、

下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする