松井一代失踪?夫船越英一郎の無言理由?文春砲はデスノート?謎のブログ

一週間くらい前から、松井一代さんの

ブログが話題になっていました。

しかし、内容があいまいで

主語がはっきしない

意味不明な部分が多くありました。

テレビ番組でも、

「松井さんは、何が言いたいのでしょうか?」

と繰り返すばかりでした。

今回は、深夜のブログで、

少し内容がわかってきましたので

松井一代さんにスポットをあててみます。

★松井一代のマルチタレント成功WIKI

  • 名前   :船越一代(船越 かずよ)旧姓:松井
  • 生年月日 :1957年6月(現在60歳)
  • 出身地  :滋賀県近江八幡市
  • 出身校  :近江兄弟社高等学校
  • 家族   :父は競艇選手
  • 職業   :女優・タレント・実業家・投資家
  • 1986年にDCブランドの経営者と結婚、
  • 1989年に長男を授かる
  • 1996年に離婚。
  • 2001年に俳優の船越英一郎と再婚。
  • 夫・船越の家族は結婚を許してくれず、結婚式にも未出席。

2000年に自宅マンションの欠陥問題を取り扱った著作

「欠陥マンション、わが闘争日記」を発表すると、

エッセイストとしてスポットがあたります。

そして、綺麗好き・掃除好きな性格から、

掃除に関する独自の工夫を発表すると

TV出演だけでなく、掃除関連の著作を多く出版し、

大きな≫反響がありました。

主婦としての知恵・知識は掃除だけに留まらず、

実業家、風水、投資など

マルチな才能を生かして幅広く活躍しています。

★船越栄一郎の恐怖ノートは、デスノートか?無言の理由は?

ブログで、松井一代さんは、

船越栄一郎さんが書いたという

恐怖ノートの存在を明かしました。

どういう内容の恐怖ノートかはわかりませんが、

これって、まるでデスノートと同じなのでは?

と考えてしまいます。

デスノートとは?

このノートに名前を書き込むと、

名前を書かれた相手は死んでしまいます。

しかも、証拠を残さず

犯人も不明な完全犯罪が成立します。

死亡時間・死の状況なども

書き込むことで死因を設定できる。

死神はこのデスノートを用いて人間を殺すことで、

その人間が本来生きる筈だった寿命を貰い受け、

寿命を伸ばすことが出来るのです。

死神のとっては夢のようなノートなのです。

という内容で、マンガ・映画・ドラマが大ヒットしました。

船越栄一郎さんの「恐怖ノート」が

「デスノート」であるかどうかはわかりませんが、

夫として、無言理由はなんなのでしょうか?

そもそも、船越さんは、

自宅にも住んでいないようです。

★またまた文春砲炸裂か

今まで松井一代さんは、ブログの中で

1年5ヶ月以上尾行されている

としか伝えていませんでした。

誰が尾行しているのか?

主語がはっきりしなかったのです。

しかし、昨日深夜のブログ(動画)で

やっと主語がはっきりしました。

1年5ヶ月以上の尾行となれば、

通常の人が行うことのできる行為ではありません。

ですから、管理人は、当初松井一代さんは、

何かヤバイものが見えているのではないか?

と思っていましたが、

週刊文春が関係しているなら、

仕事でやっているのですから、

不思議なことでも何でもありません。

今回は、どんな文春砲が炸裂するのでしょうか?

★支離滅裂ブログ

先日、小林麻央さんが亡くなり、

闘病記録のブログが話題になっています。

ブログっていろんな使い方があることがわかりました。

できれば、幸せになるような使い方をして欲しいと思います。

ブログとは何か?小林麻央『KOKORO』,目的・効果・作り方・費用は?

詳しい内容はこちらからどうぞ

★まとめ

松井一代さんは、昨日の深夜の動画で、

何をつたえたのでしょうか?

女優、タレント、実業家、投資家ばかりでなく、

ライフスタイル(火事)アドバイザー、

エッセイストとしても成功し

順風満帆とばかり思っていましたが、

『好事魔多し』なのでしょうか?

管理人は、当初松井一代さんは、

  • 何かヤバイものが見えているのではないか?
  • こころが、壊れかけている?

のではないかと思いましたが、

どうやら、夫船越栄一郎さん、

週刊文春が関係していることが、わかってきました。

真実は、まだまだ不明ですが、

スピリチュアル大好き人間の管理人には、

興味のある事件です。

くれぐれも富士の樹海などに

足を踏み入れることがないように。

樹海は生と死の狭間『あの世とこの世を結ぶ出入口』

詳しい内容はこちらからどうぞ!!

2016y10m21d_234325368

最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、

関連記事もシェアをして頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする