乾友紀子[シンクロ]ハイレグ美脚は青木愛を超えたか?井村コーチとの絆

シンクロリオ五輪銅メダルリストの乾友紀子選手が、本日のグッとスポーツに登場します。

乾友紀子選手の魅力は、何といっても健康的なハイレグ美脚です。

同じくシンクロで美人と評判の青木愛選手を超えたのでしょうか?

また井村雅代コーチとの強い絆についても紹介します。

まず、乾友紀子選手のwikiプロフです。

★乾友紀子のシンクロWIKI

  • 名前  :乾友紀子(いぬい ゆきこ)
  • 生年月日:1990年12月 27歳
  • 出身地 :滋賀県近江八幡市
  • 出身校 :立命館大学
  • 身長  :170cm 体重:56㎏
  • 所属  :井村シンクロクラブ
  • 2008年 世界ジュニア選手権大会に出場しデュエットで銀メダル
  • 2010年 ワールドカップデュエット3位
  • 2012年 ロンドン五輪では小林千紗と組んだデュエットで5位入賞
  • 2016年 リオデジャネイロ五輪に出場し三井梨紗子とのデュエットで銅メダル

幼稚園の時から水泳を習い始め、小学校1年の時に見たシンクロクの日本選手権を見て

シンクロクラブへ通い始めました。

全国大会を目標に遊ぶ間もない練習の毎日でしたが、

小学校6年の時から大阪の井村シンクロクラブに所属し、

片道2時間の距離を通ったのです。

髪を下すと随分感じが変わります。

★乾友紀子のハイレグ美脚

一般的に美脚といわれている脚は、ファッションモデルのように

細くすらっとした脚を思い浮かべるかもしれませんが、

シンクロでは、水中の足技で競技の質が決まります。

見えない水中では、常に脚を動かせておく必要があるのですから

筋肉が必要になりますよね。

したがって、乾選手のように筋肉質かつシャープな脚が、シンクロの美脚となります。

世の男性は、モデルさんのような細すぎる脚よりも、

乾友紀子選手のような健康的な美脚に憧れるのではないでしょうか?

それでは、早速乾友紀子選手のハイレグ画像を見てみましょう。

右側が乾友紀子選手です。

モデルさんの脚とは全く違いますね。

乾友紀子選手2016ジャパンオープンの動画です。

★青木愛のハイレグ美脚

管理人が、シンクロで最も印象に残っているのが、「青木愛」選手です。

乾選手もかわいいのですが、青木愛選手は、引退してさらに綺麗になった感じがします。

青木愛選手の美脚もやはり筋肉がついたシャープな美脚ですね。

中央が青木愛選手です。

現役時代のハイレグよりも、タイツなどはいても綺麗な美脚ですね。

  

乾友紀子選手の美脚に勝るとも劣らずではないでしょうか?

乾友紀子と青木愛のハイレグ美脚勝負は引き分けとします。

★井村コーチとの絆は?

北京オリンピック後に帰国した井村コーチは、さっそく日本のシンクロ復活を考えました。

そのためには、「日本シンクロの顔になるスター選手」の育成が必要でした。

井村コーチが、白羽の矢をたてたのが乾友紀子選手でした。

ジュニア時代から将来を見込んで、中国チームのコーチになったときでも

時間を見つけて指導してきたのです。

井村コーチは、激しい指導でも有名ですね。

井村コーチは乾選手を「ワン」と読んで、メダリストに育て上げたのでした。

子弟の強い絆を感じます。

★まとめ

以上が、「乾友紀子[シンクロ]ハイレグ美脚は

青木愛を超えたか?井村コーチとの絆」の内容です。

他水泳関係の記事もご覧下さい。

▶金戸凛の飛び込み姿!親子3世代のルーツ[ミライモンスター]

最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、

関連記事もシェアをして頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする